ブログ, 健康・美容コラム

女性のひそかな悩み~体質別の便秘に良い食材とは~

2016-09-17

女性に多い「便秘症」。お薬のお世話になったことがある方も、きっと多いと思います。

しかし、できれば薬なして対処したいですよね。

薬膳を学んでいると、便秘によい食材はなに?と聞かれることも多いのではないでしょうか。

バナナ、リンゴ、こんにゃく、アロエなど……

ちまたで便秘に効くと言われる食べものは色々挙げられますが、万人に効くというわけではないこと、ご存知ですか?

薬膳では、人それぞれの体質をとても重要視しています。「便秘だからこれ!」といった当てはめ方はしないのです。

冷えの強い方が、冷やす作用のとても強いバナナばかりを食べて、ますます便秘がひどくなるといったこともあるんですよ。

「バナナを食べても出ない」という方、心当たりありませんか?
ここで、体質別にいくつかオススメの食材をあげてみましょう。

元気がなく、いきむだけでグッタリ疲れてしまうタイプ
かぼちゃやサツマイモなどのイモ類、キャベツ、穀物類など、体のエネルギーを補うもの

なんだかイライラ、お腹の張りが気になるタイプ
大根、柑橘類、ジャスミン茶などの香りのよいもの

手足だけでなくお腹まで冷え冷えタイプ
えび、ニラ、クルミなど体を温めるもの

めまい、貧血、目のかすみなど血が足らないタイプ
人参、ほうれん草、イカ、レバーなど血を補うもの

年中いつでも熱がりタイプ
バナナ、アロエ、トマト、セロリなど体を冷やすもの

それぞれの体質に合う食材にプラスして、腸を潤す力のある、はちみつやナッツ類などを組み合わせてみましょう。

今の時期は空気も乾燥してきているので、体の中まで乾燥して便秘が起こる方もいます!
そのときは、山芋や松の実などをオススメします。

まずは薬!ではなく、「食事」から。薬膳の知識で、便秘体質から抜け出しましょう。

FOODandLIFE 河井

★上記内容を引用される場合は、「シェア」でお願い致します。
※このブログの内容は、株式会社「FOOD and LIFE」に著作権が帰属しますので、無断での複製、掲載などはご遠慮ください。

 

 

☆★☆★☆★☆★現在募集中のクラスはこちら↓↓☆★☆★☆★☆★

<資格取得コース>
◆専門用語を使用しない、薬膳理論のキホンを4か月で学ぶコース
http://foodandlife.co.jp/class-info/licence-class/#licence-class-basic

◆1年半かけて中医学をしっかりと学び薬膳のプロを目指すコース
http://foodandlife.co.jp/class-info/licence-class/#licence-class-designer

<料理教室コース>
◆お料理をメインに薬膳の考え方を学ぶコース(はじめの一歩料理コース)
http://foodandlife.co.jp/class-info/cooking-class/#cooking-class-hajime

◆薬膳の基礎から応用まで、テーマに沿ってお料理と理論を学ぶコース
http://foodandlife.co.jp/class-info/cooking-class/#cooking-class-kiso